お寺からまちおこし

ともいき石見プロジェクト 石見の国 いきいき巡礼コンサート

お寺を親しみのある場所に

iwami_1.jpg

島根県石見地方にある浄土宗寺院では、檀家が都市部へ移住することで、お寺との縁が薄れるという、寺檀関係維持の課題を抱えています。2007年から都市部へ移住した遠方の檀家に対して、法要への参加を呼びかける「石見教区東京法要」を大本山増上寺(東京・芝)において営むなど、石見の浄土宗寺院全体を挙げてお寺と檀家との距離を縮めることに取り組んでいます。こうした背景から石見の浄土宗寺院では、日頃から地域住民にとって親しみのあるお寺づくりを目指しており、ともいき財団では、誰でも気兼ねなくお寺に来れるきっかけをつくるためのサポートをしています。

宗派という枠組みをこえる

iwami_2.jpg

この企画は、宗派をこえて、誰でも気兼ねなくお寺に来れるきっかけをつくることを目的としています。そのため、お経やお念仏などの仏教的なことは行わず、僧侶が主体となり、歌や紙芝居、石見神楽やクイズ大会と、思考を凝らした催しを行いました。地域住民からは「お坊さんの意外な一面が見られた」と大変好評を博し、日常的にお寺に訪れる人が増え、お寺と地域の距離がさらに縮まったようです。地方が抱える過疎問題に対し、お寺が中心となって地域と支えあう、豊かなコミュニティづくりを目指しています。

活動内容(一部)

僧侶による催し

iwami_3.jpg

お寺と地域間の交流を目的に僧侶も前面に出て、工夫を凝らした催しを披露!

巡礼コンサート

iwami_4.jpg

フォーク歌手・高石ともや氏によるコンサート。ともいきのメッセージを届けます!

石見神楽inおてら

iwami_5.jpg

石見地方を代表する伝統芸能、石見神楽!お寺を会場に伝統を守り伝えます。

開催実績

  • 石見の国 いきいき巡礼コンサート2014(2014年10月7~9日)

主なプログラム

  • 僧侶による催し
  • 高石ともや巡礼コンサート
  • おてらde縁日

ともいき財団の考え

iwami_support.png

運営に携わっていくなかで、石見のお寺さんは、企画を盛り上げることに力を注いでおり、財団は後方支援としてPRに関わっていきたいと考えています。宗派をこえて、地域住民をお寺に集めるには、新聞での事前告知、地域掲示板でのポスター掲示、チラシの設置などの広報活動が必要不可欠です。財団が目指す「まちおこし」として、お寺が地域住民の心の拠り所となるように進めていきたいと思っています。

お問い合わせはコチラから

このページのトップへ