ともいきエッセー

一覧へ

ともいきエッセー vol.42

「家族ってなんだろう」

 先日、友人と一杯飲みながら世間話をしているうちに、話題が家族の話になった。「もう、今の日本の家族は崩壊しているね」と友人は言った。「うん、僕もそう思う。もうバラバラだよ。こんな中で育っている子どもたちがどんな大人になるか想像しただけでも恐ろしい」と小生。
 共に本や新聞の編集を仕事としてきた者同士、世の中のことには強い関心がある。政治、社会事象、思想など、二人は飲むたびに話し合ってきた。今、二人の心配事は家族の在り方だった。父親は仕事で帰りが遅く、子どもは塾や習い事で夜遅く帰宅、食事はコンビニ弁当で時間もバラバラ、母親も仕事と育児でクタクタ。みんなが疲れ切ってイライラ。そして子どもの自立、老夫婦だけの暮らしから孤老へと。家族が顔を合わせての一家団欒などは、もはや死語となってしまった。
 家族は、社会の最小単位だと、かつて習ったことがある。我慢、いたわり、協調、思いやり、助け合い......。こうした社会生活をする上での基本的なことは家族との家庭生活の中で学ぶものである、と。しかし今、家族は......。家族が崩壊したら社会も崩壊する。
家族ってなんだろう? もっと真剣に考えることが必要だ。(J)

このページのトップへ