ともいきエッセー

一覧へ

vol.77「家族って何?」

 去年の1月、そして今年の2月、東京・芝の芝学園を会場に「家族」についてのフォーラムを開催している。それは、現代の家族の在り方が変わってきていることから、改めて家族とはどんなものかを問いなおしてみたいと思ったからだ。

 今日、同性婚、夫婦別性、事実婚、子供を欲しがらない夫婦など、家族の形態も多様になっている。これまでの親子が共に暮らす家族とは違う形態の家族も現れている。

 そしてまた、幼児虐待、子殺し、親殺し、相続争い等々、家族間での犯罪が紙面をにぎわしている。

 なぜだろう? こうした家庭では、どんな家庭教育がなされているのだろう?

 いろいろ調べたり、識者の話を聞いたりしてみると、さまざまな問題が見えてくる。孤食・個食といった問題。今日、家族そろっての食事が減り、皆が時間もバラバラに食事をとり、また、その食べ物も、個々にバラバラ、好きなものをコンビニで買って食べている、と。ということは、家庭の味が無くなることはもちろん、家族の団欒ではないが、家族がそろっておしゃべりをすることもないことになる。親から子へ伝えること、子供の気持ちを聞くこともなくなる。

 価値観が激しく変わる今日の社会の中で、どんな家族の在り方がいいか、なかなか見えてこない。私たちひとり一人が真剣に考えなければならないだろう。

このページのトップへ