ともいきエッセー

一覧へ

ともいきエッセー vol.1

「ともいきとは?」
浄土宗では、「共生」と書いて「ともいき」と読む。どういう意味かというと、現代の人々や自然との「共生」に加えて、過去からいまの私へと繋がっている「いのち」、そして、いまの私から未来へ繋がる「いのち」とともに、いまの私が生きているということを深く知り、それらすべての「いのち」を大切にし、ともに生きていこう、ということである。
小生、この4月から「ともいき財団」の手伝いをすることになった。まず初めに思ったことは「ともいき」とはどういうことだろう、ということだった。調べた結果が上記である。
こうした視点から見ると、人間のいのちばかりではなく、すべてのいのちの為すことが「ともいき」に係わってくる。いまの世の事象を見ていると喜怒哀楽をはじめ、不思議だな~と思うことなど、さまざまなことを感じ思う。これから2週に1度の割りで、「ともいき」を腹に世の事象を記していきたい。よろしく。(J)

vo01.jpg

  • 助成金
  • ともいき財団Twitter
  • 浄土宝暦
  • 活動レポート
  • ともいきエッセー

このページのトップへ