ともいきエッセー

一覧へ

ともいきエッセー vol.26

「怖い、もういやだ!」

 昨夜(4月14日)9時26分、九州熊本地方で震度7の地震が発生した。被害の全容はまだ明らかになっていないが、テレビのニュースを見ていると、震度7の益城町を中心に家屋の全壊・半壊、壁の崩壊、道路の亀裂などが次々に映し出されて被害の大きさを伝えている。熊本城も屋根瓦や壁が被害を受けた。
 昨夜は、地震発生の一報が報じられてから深夜までずっとテレビの前に座り、映し出される各地の様子を見ていたが、夜ということもあって、新しい情報が少なく同じ映像が何度も繰り返されることにイライラさせられた。
 そして今朝、ニュースでは、犠牲者や傷を負っている人が出ていることとともに、避難所の様子が伝えられていた。「怖い、もういやだ、家に帰りたくない」。避難している子どもを抱いた女性が訴えていた。昨夜から朝までに100回を超える余震があったという。それも大きなものが何回も。怖かっただろう、暗闇のなかで大地が揺れる。それもその揺れがいつ起こるかもわからないのだ。その恐怖感は想像もできない。もし、自分がそこにいたらなんと言うだろうか。「もういやだ、勘弁してくれ」か。
 気象庁は、まだまだ余震が続くだろうと言っている。今は、気をつけてほしい、そして二次災害だけは出さないでほしい、としか言えない。(J)

  • 助成金
  • ともいき財団Twitter
  • 浄土宝暦
  • 活動レポート
  • ともいきエッセー

このページのトップへ