4

ともいきエッセー

一覧へ

vol.72「佳い年」

 明けましておめでとうございます。本年がみなさまにとって佳い年になりますよう祈念いたします。

 と記しながら、実をいうと、この正月、自分にとって「佳い年」とはどんな年なのか考えてしまった。毎年年賀状にも書いたりするが、この「佳い年」は人それぞれで違うだろうと。

 年の初めに何か目標をたて、それが実現すれば「佳い年」と言えるだろう。しかし小生、年初にその年の目標など、この数十年たてたことがない。このことに気がついた。情けないと思った。日記を見ても、それらしいことが書かれている年はない。はたして小生は、毎年の正月に何を思って過ごしていたのだろうか、と思い返してみたが、とんと記憶には残っていない。

 でも、これでいいのだろうと思い直した。今日のこの日まで大過なく過ごして来られたのだから、毎年がきっと佳い年だったのだろうと思うことにした。欲を張らず、日々少しづつの努力をし、自分をはじめ、家族や周囲の人々の無事を願うとともに、そうした人々によって生かされていることに感謝しながら生きる。これがきっと「佳い年」なのだ。

このページのトップへ