ともいきエッセー

一覧へ

vo.110 「家族の現状を考えて」

 いま、家族は危機に瀕している。家族が家族としてまとまることができずに、バラバラとなっている、と。同じ家の中にいても、顔を合わせずにスマホで連絡して用をすませる。父も母も子供も忙しく、食事も一緒に取れない。また、家族間での暴力や殺人も増えている。独居・孤立・孤食・引きこもり・家庭内暴力・虐待......。

 家族って、いったい何だろう? これからの時代、家族はどう変わっていくのだろう。

 当財団では、4年前から東京の芝学園を会場に、「家族」をテーマにフォーラムを開いてきた。そして、近代から現代の家族で、一番変化の大きいのが食事ではないか、と。家族団らんなど、もう、夢の夢になっているのかもしれない。

 そして、こうした家族関係の中で育つ子供たちは、どんな大人になっていくのだろう。アルバイト先での破廉恥な行動や、SNSなどでのいじめや他者を攻撃する言葉。こうしたことを聞くたびに、この子どもたちはどういう家庭環境の中で育ってきたのだろうか、と思ってしまう。

 こうしたことを考えるきっかけになればと、毎年フォーラムを開いてきた。そして、今回は初めて東京を出て、7月6日に京都の文教大学を会場に「変わる家族の食卓。いま必要な食育を考える」というテーマでフォーラムを開く。

 一人でも多くの人に聞いてもらいたい。そして、家族の現状について考えてほしい。

ともいきフォーラムの詳細・お申し込みは公式HP(下記URL)をご覧ください。https://peraichi.com/landing_pages/view/forum6

  • 助成金
  • ともいき財団Twitter
  • 浄土宝暦
  • 活動レポート
  • ともいきエッセー

このページのトップへ