活動レポート

一覧へ

栃木県栃木市 近龍寺「呑龍さま縁日」

 11月11日(日)、栃木県栃木市の近龍寺において、「呑龍さま縁日(以下、縁日)」が開催されました。浄土宗ともいき財団はこの活動に助成支援をしています。

 この日は、栃木県最大のお祭り「とちぎ秋まつり」が同時開催されており、町の大通りは山車や屋台がずらりと並び大変多くの人々で賑わっていました。

donryu1.JPG donryu2.JPG

 大通りの途中に、呑龍上人の大きなのぼりと縁日の縦看板がありました。路地に入ると正面に近龍寺の門が見え、楽しげなお囃子の音が聞こえてきます。
 お寺の境内では、大人が楽しめるお茶席や骨董市、子ども向けのゲーム体験、クイズラリーをはじめさまざまなイベントが催され、目玉の大道芸では幼い子どもからご年配の方まで、世代を超えて楽しんでいました。

donryu3.JPG donryu4.JPG

 また、呑龍上人は江戸時代の浄土宗の高僧で、子育安産、身体健全、学業成就などのご利益で知られ、当日は祈願法要も執り行われ、参加者の方は「貴重な体験ができて嬉しい」と仏様に手を合わせて祈る姿が見えました。

donryu5.JPG donryu6.JPG

 ご住職の松濤孝佳(まつなみこうか)師は、縁日を通じて、お寺が地域内外の方々にとって世代を超えて交流できる場となることを願い、5年前から毎年開催されています。開催にあたり発足した「青年部」は、近龍寺の檀信徒の若手で構成され、当日までの準備から開催の運営を担っています。
 お寺が単独で開催するのではなく、檀信徒をはじめ地域の有志の協力があり、お寺と地域住民とがともに縁日を作り上げており、地域に根付くお寺の在り方を見ることができました。(K)

近龍寺ホームページ:http://www.cc9.ne.jp/~kinryu-ji/

キーワード:助成、栃木、寺院、縁日、地域交流、呑龍上人

このページのトップへ