活動レポート

一覧へ

栃木県宇都宮市 光琳寺「ラヂヲ体操&朝参り」

 12月1日(日)、栃木県宇都宮駅から2.5㎞ほど歩いたところにある光琳寺で実施されている「ラヂヲ体操&朝参り」を訪問してきました。この事業は、ラジオ体操による地域への健康寿命の延伸と地域に「世代を超えた緩やかなコミュニティ」を創造することを目的としたもので、浄土宗ともいき財団はこの事業に助成をしております。

IMG_5394S.jpg  IMG_5398s.jpg

 まだ薄暗い朝の6時すぎ、境内に一人、二人と姿が見えはじめ、6時半には本堂いっぱいに赤ちゃんからお年寄りまで50人以上が集まりました。開始を待つ間にストーブを囲んで「寒いですね~」「どこからですか?」と初対面同士でも自然と会話が始まります。そこへ副住職の井上さんがやってきて、まず"チェックイン"(参加者の状態や気持ちを共有する時間)をし、つま先から頭の先までの身体の部位ごとに意識を向ける「ボディスキャン」を行いました。自分の身体をスキャンするようにじっくり感じることで身体や心の不調に気づいたり、ケガをしにくくなるという瞑想法の一つだそうですが、このように場づくりすることで不思議と空気がほぐれるのを感じました。

IMG_5401s.jpg  IMG_5404s.jpg

 音楽が流れ、体操が始まりました。皆、次第に動きが大きくなり、ラジオ体操第2のころには隣の人と手がぶつかるほどに。終わると恒例のスタンプタイムとなり、一人ずつお話しながら井上さんがスタンプを押していきます。10個集まると御朱印がもらえるそう。小さな楽しみを感じられるよう工夫がされています。

  IMG_5406s.jpg

 続いて7時からは朝参りとなり、初めて参加する人でもわかるようにお経の説明を挟みながら進みます。お勤めの後には、ご住職の奥様お手製のすいとんが用意され、参加者は熱々のすいとんをいただきながら、来た時よりももっと親しげに言葉を交わしていました。

 帰り道、みなさんが吸い込まれるように近くのおしゃれなパン屋さん入っていきます。なんとこの活動がある日は開店時間を早めているそう!お寺の周りにもじわじわと活動の効果が広がっているようです。

IMG_5410s.jpg  IMG_5408ss.jpg

 折しもこの日は、井上さんの新たな取り組みである"コワーキングスペースaret(アレット)"のオープン日でもありました。ワークショップや社会問題に関する映画上映、避難所、お通夜の会食場所...など様々な企画を考えているそうで、今後の展開が楽しみです。

 これからも人と人をつなぐ場所であり続けてもらえるよう期待しています。(I)

キーワード:栃木、ラジオ体操、ワークショップ、コミュニティ

  • 助成金
  • ともいき財団Twitter
  • 浄土宝暦
  • 活動レポート
  • ともいきエッセー

このページのトップへ